トリキュラーとホルモンバランスとの関係

トリキュラーを服用しはじめの頃は、多くの女性が副作用やホルモンバランスに悩まされますが、諦める前に正確な知識を知っておく事がとても大切です。正しく使った上で慣れてくると、とってもカラダの調子が良くなる効果が期待できます!

トリキュラーは子宮内膜症に良いが脳血栓症等の発症も

トリキュラーは、日本国内で最もポピュラーな経口避妊薬ですが、経口避妊薬には血液を凝固させ血管を詰まらせてしまう血栓症と呼ばれる副作用があり、トリキュラーの服用者にも血栓症が起因と考えられる脳梗塞や脳出血、高圧性脳症、脳血栓症などの重篤な副作用が発症した症例があります。しかし、トリキュラーは第2世代の漸増型3相性経口避妊薬なので、低用量経口避妊薬の中でも頭痛や腹痛、吐き気などの比較的軽微な副作用も非常に少ないとされています。第2世代の漸増型3相性経口避妊薬は、自然な女性ホルモンの分泌量に合わせる為に女性ホルモンの含有量の異なる3種の薬剤を使用する事で、月経周期初期の女性ホルモンの摂取量を大幅に軽減し月経周期後期には増量し、月経1周期で摂取する女性ホルモンの総量を減量しています。その為、女性の身体に対するトリキュラーによる負担を最低限に抑制し、軽微な副作用や副作用の発生頻度も軽減しています。トリキュラーは、排卵の抑制や子宮への受精卵子の着床阻害、子宮頚管での精子通過阻害の作用で避妊作用を示しますが、排卵の抑制作用により卵巣が労られるだけでは無く、排卵や受精卵子の着床阻害により子宮内壁の肥厚や子宮内壁の剥離が無くなる事で子宮も労られ、若い女性にも急増している卵巣癌や子宮体癌、子宮内膜症などの発症リスクを軽減する効果が期待出来ます。トリキュラーの服用により月経周期が28日に固定される為、生理不順や月経過多、月経前症候群などが改善されホルモンバランスが整えられ、幸福ホルモンとされるセロトニンの分泌量が増え身体的にも精神的にも健康になります。又、50歳前後の女性だけでは無く、現在では20歳代の若い女性もつらい思いをしている更年期障害の症状の緩和改善にも有効です。